防音二重サッシ「インプラス」激安販売!防音二重サッシ専門館

防音二重サッシ「インプラス」を低価格でご提供

二重サッシ「インプラス」防音効果について二重サッシ「インプラス」防音効果
生活するうえで生活音が発生してしまうのは仕方ありませんが、可能な限り近隣からの音をカットして静かに生活をしたいですよね。

二重サッシ「インプラス」は外から来る騒音防止と、
中から外へもれる騒音を双方向から防止します。



「赤ちゃんがいるので静かな環境で眠らしてあげたい」
「赤ちゃんの泣声が近隣に響いていないか心配」
「幹線道路沿いで深夜・早朝の車の音でよく眠れない」
「一日中車どおりが多いので落ち着かない」
など音の悩みは様々です。

そんな音に関するお悩みに二重サッシ「インプラス」はお答えします。

二重サッシ「インプラス」騒音カット

二重サッシ「インプラス」防音できない音二重サッシ「インプラス」騒音カット
既存サッシと二重サッシ「インプラス」の共同作業によって、騒音を40dbもカット。
これは、通勤電車の中程度の騒音が、図書館のような静けさになるレベルです。
うるさくて眠れないとご心配の方もきっと安心して寝れると思います。




二重サッシ「インプラス」騒音カット
窓の隙間で防音対策

サッシには、窓をスムーズに開け閉めするためにわざと隙間が設けてありますが、
これが、音が侵入する絶好の通り道となってしまいます。
一般的な戸建住宅用のサッシやマンションなどの集合住宅用のほとんどのサッシは20dB(デシベル)から25dB(性能を示す時はT-1と表記します。)の騒音カット率です。
ここに25dBを超える防音効果のあるガラスを入れても、ガラスが持っている防音効果を十分に発揮できないことがあります。せっかくガラスを入れ替えても期待するほどの効果を得られない事があるのです。

二重サッシ「インプラス」は、今の窓の室内側に追加で設置する窓で、一般には「内窓」と呼ばれます、トステムの二重サッシ「インプラス」は特に防音効果を重視した隙間の少ない「内窓」です。
二重サッシ「インプラス」を今ある窓に付けるだけで隙間が小さくなり、外の騒音を大きく遮断します



窓の隙間対策で防音対策

窓の防音対策では窓ガラスについて検討する前に、サッシの隙間対策を検討することが先決です。

サッシの隙間を放置したままでは、ガラスを防音タイプに替えても、防音ガラスは性能を十分に発揮できないのです。

ただ、サッシを防音タイプに取り替えるためには壁や床も壊す必要があるため、実現には手間も費用もかかります。
二重サッシ「インプラス」は、今の窓の室内側に追加で設置する窓で、一般には「内窓」と呼ばれます、トステムの二重サッシ「インプラス」は特に防音性能を重視した隙間の少ない「内窓」です。
二重サッシ「インプラス」を今ある窓に付けるだけで隙間が小さくなり、外の騒音を大きく遮断してくれ、防音対策になるのです。


窓の振動を抑えて防音対策

基本的に厚いガラスほど遮音性が優れています。
ですが、ガラスは特定周波数で振動し、遮音性能を低下させてしまうという特徴があります。

騒音の種類によっては厚いガラスよりも薄いガラスの方が防音効果が高い場合があります。

ガラスはその厚さによって弱点となる音域が異なります。
つまり、効果的な騒音対策には、自分が気になる騒音の音域に応じたガラスを選択することが重要になるのです

■通常3mm厚ガラスと5mm厚ガラスの比較 〜ガラスの厚さが厚いほど防音効果は高い?〜

一般的にガラスは、薄いと高い周波数(高い音)で振動し、厚いと低い周波数(低い音)で振動します
・3o厚ガラス=4000Hzで振動し、遮音効果が低下
・5o厚ガラス=2500Hzで振動し、遮音効果が低下
・6.8o厚ガラス=1765Hzで振動し、遮音効果が低下

■通常3mm厚ガラスとペアガラスの比較

次に、最近注目のペアガラスと通常の3mm厚ガラスの比較をします。
下のグラフからもわかるように、315〜1250Hzの間では、3mm厚ガラスの方がペアガラスよりも線が上に来ています。これは、この周波数の音の場合にはペアガラスよりも3mm厚ガラスのほうが防音効果があるということになります。

ペアガラスは、あくまでも断熱結露防止のガラスです。防音効果の面では通常ガラスよりも劣る場合があります。



車のマフラー音やウーファーの低音で悩んでいる人には低音域帯で振動する厚いガラスよりも、
薄いガラスの方が防音効果を感じられるようです。

一般的な厚さの透明な単板ガラスです。車のマフラー音などの低音域の騒音でお悩みの方には十分に防音効果を感じていただけます。
他のガラスに比べ低価格でお求め安いガラスになっています。

このガラスの厚さは3mmです 。標準的なガラスです

透明3mmガラスよりも2mm厚い単板のガラスです。質量則により3o厚ガラスより高い防音効果を発揮します。特に
ピアノや子供の声などの甲高い音でお悩みの方には、高い音域の振動を抑えるこちらの5mm厚ガラスがオススメです。

このガラスの厚さは5mmです 。
やや厚めなガラスです。

高音・低音問わず、様々な騒音が入り混じってる住宅の方もいらっしゃるかと思います。
そんな方には、防音合わせガラスをオススメします。

ガラスの振動による遮音効果の低下という弱点を克服したガラスです。2枚のガラスに防音特殊フィルムを加熱圧着で挟んでおり、中間膜が音の振動を吸収します。 高音域〜低音域までの音域全体でガラスの振動を防ぐため高い防音効果を発揮します。割れたときに破片が飛び散らないので、安全面にも優れたガラスです。

※二重サッシ「インプラス」に標準で組み込まれている「透明単板3oガラス」でも、 高い防音効果を発揮しますが、より高い防音効果を望まれる場合は防音効果の高いガラスを二重サッシ「インプラス」に組み込むことで防音効果はさらに高まります。

※上記以外のガラスも組込み可能です。ガラスについてはこちらのページもご参照ください

※「是非このガラス」を入れたいという要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。
  ガラスのさらに詳しい説明はガラスメーカーのHPをご参照下さい

「もう少し静かにならないか」「もう少し暖かくならないか」という、より良い住まいを望む方へ提案する商品が防音・断熱二重サッシのインプラスです。インプラスはバリエーションも多く、とても良い商品に成長しました。そんな二重サッシ・インプラスは低コストで簡単・安全に快適空間を作る事が出来ます。私共はお客様の「もう少し快適に」を追及するお手伝いを実直に続けていきます。