防音二重サッシ「インプラス」激安販売!防音二重サッシ専門館

防音二重サッシ「インプラス」を低価格でご提供

二重サッシとは

二重サッシ「インプラス」は、既存の窓の内側にもう一枚取付ける窓です。
窓が二重になる事で、断熱や防音などの様々な効果を発揮します。

大きな工事はありません!

二重サッシ「インプラス」 はとにかく設置が簡単です。 外枠をドライバーで固定したらあとは窓枠をはめ込むだけの簡単施工です。

梱包されてくる部材はこれだけ

@上枠…1本
A下枠…1本
B左タテ枠…1本
C右タテ枠…1本
D障子(建具)…2枚
Eビス…1袋

※D障子の和紙ガラス、格子はオプションです

取付け方について

【縦枠取付】

タテ枠室内側に貼られてるシールで上下を確認し、上下を間違えないように取り付けます。
ビスは取付穴全てに止めます。


※ガラス固定タイプ(FIX)の場合は上下枠から先に取り付けます。

【下枠取付】

下枠に貼ってあるシールで上下内外を確認します。左右のタテ枠の中に差し込むように合わせてゆきますが、きついので中央部分を曲げて取付けます。
結合部のシーラーは水密・気密性能保持上重要ですので、しっかり合わせてください。
最後にビスで下枠を固定します。

【上枠取付】

上枠に貼ってあるシールで上下内外を確認します。下枠同様に左右のタテ枠の中に、中央部分を曲げて差し込むように合わせてゆきます。
結合部のシーラーは水密・気密性能保持上重要ですので、しっかり合わせてください。
最後にビスで上枠を固定します。

【建て込み】

枠が全て取り付いたらガラス障子(建具)を取付けます。もしもクレセント(鍵)が掛かりにくかったら、ビスをゆるめ調整して止め直して下さい。

以上で取付けは完了になります

家庭のお悩み、防音・断熱・結露対策の決め手は窓ガラスです。
当サイトでは、二重サッシ「インプラス」簡単見積で以下のガラスのお値段が簡単チェックできます。
ぜひ簡単見積をお試しください!

一般的な厚さの透明な単板ガラスです。車のマフラー音などの低音域の騒音でお悩みの方には十分に防音効果を感じていただけます。
他のガラスに比べ低価格でお求め安いガラスになっています。

このガラスの厚さは3mmです 。標準的なガラスです

透明3mmガラスよりも2mm厚い単板のガラスです。質量則により3o厚ガラスより高い防音効果を発揮します。特にピアノや子供の声などの甲高い音でお悩みの方には、高い音域の振動を抑えるこちらの5mm厚ガラスがオススメです。

このガラスの厚さは5mmです 。
やや厚めなガラスです。

光を通しながら視線をさえぎる単板ガラスです。ガラスの片面に凹凸をつけることで、外部の視線をシャットアウトします。お風呂場や通り沿いの居間などの視界を遮りたいという場所にオススメです。

このガラスの厚さは4mmです 。

和紙の様な柄が織り込まれている単板ガラスです。障子のようなデザインなので、和室などのお部屋の雰囲気を壊しません。防音・断熱などの性能は他のガラスと同等ですので安心してお使いください。

このガラスの厚さは3mmです 。
標準的な厚さのガラスです。

2枚の板ガラスの間に乾燥した空気層を作った複層ガラスです。室内の熱を外部に伝達しにくく、冬は暖房熱を逃がさないので、高い省エネ効果があります。熱伝導率が低いので結露対策にも有効です。

空気層12mmを厚さ3mmの板ガラス2枚ではさんでいるため、全体で18mm程度の厚さになります。

2枚の板ガラスの間に空気層を作り、室内の熱を外部に伝達しにくい複層ガラスです。透明ペアガラスと性能は同等ですが、型ペアガラスはガラスの片面が型板ガラスとなっていますので、外部からの視線を遮断したい場所に適したガラスです。

空気層11mmを、片面に凹凸のついた厚さ4mmと厚さ3mmの単板ガラスではさんでいるため、全体で18mmほどの厚さになります。

※上記以外のガラスも組込み可能です。ガラスについてはこちらのページもご参照ください

※「是非このガラス」を入れたいという要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。
  ガラスのさらに詳しい説明はガラスメーカーのHPをご参照下さい

「もう少し静かにならないか」「もう少し暖かくならないか」という、より良い住まいを望む方へ提案する商品が防音・断熱二重サッシのインプラスです。インプラスはバリエーションも多く、とても良い商品に成長しました。そんな二重サッシ・インプラスは低コストで簡単・安全に快適空間を作る事が出来ます。私共はお客様の「もう少し快適に」を追及するお手伝いを実直に続けていきます。